一昔前であれば、手で漫画を描くというのが主流でしたが、今はパソコンで描く人も多いです。 人気漫画家もパソコンを使用しているケースが多いので、手書きではなく、パソコンで描いてみるのも良いかもしれません。 ただ、どちらかというと、手書きの方が評価が高い傾向があるので、新人賞などに応募する場合は手書きで描いた方が良いでしょう。 パソコンで漫画を描くメリットは、以下の3つです。 ・作業効率アップ ・効果的な演出ができる ・費用削減 パソコンで漫画を描くと、手書きよりも作業効率がアップします。 ベタ塗りのスピードも格段に早くなるので、大幅に時間を短縮できるでしょう。 また、手で描くよりも効果的な演出ができるため、初心者でも迫力ある漫画を描くことができるのも魅力です。 さらに、紙代やトーン代といった通常かかる費用を節約できるというメリットもあります。 ただ、パソコンで上手く描くためには、操作に慣れる必要があり、慣れるまで時間がかかることもあるでしょう。 それに、手で描くよりも機械的な雰囲気が出てしまうというデメリットもあります。